HOME>コラム>新しいエネルギーを利用して環境に配慮しよう

新しいエネルギーを利用して環境に配慮しよう

バイオガス

バイオマス発電の仕組み

新しいエネルギーとして注目されているものの一つに、バイオマス発電と呼ばれるものがあります。生ゴミや汚泥、廃油など、従来であれば廃棄処分されてきたようなものを使って発電するのが特徴です。火力発電のように直接燃やして発生する熱エネルギーにより発電する方式の他、汚泥や家畜の糞尿を発酵させて得られるガスから発電する方式もあります。このエネルギーの優れた点は、捨てるはずだったものを資源化できることです。工場のように大量の原材料を製造工程で消費している場所では、廃棄物の量も多くなります。そのまま処分するとコストがかかりますが、バイオマス発電の燃料として再活用すれば燃料費の削減にもつながり一石二鳥と言えます。二酸化炭素排出量も減らせるため、環境意識を持つべき企業として重要な役割を果たすことができます。

地球

専門業者に問い合わせしてみよう

太陽光発電などと同様に、バイオマス発電も研究開発が進められ、すでに事業として成り立っています。システムの販売やソリューションの提案をバイオマス発電業者が行なっているので、関心があるならそちらに問い合わせすることをおすすめします。専門業者に相談するメリットとしては、効率の良いシステムを利用できることがあげられます。システムを一から開発する場合トライアンドエラーが必要になりますが、すでに出来上がっているシステムを導入する方式ならコストもかからず安定した稼働が期待できます。問い合わせることで、工場の規模や設備に応じたシステムの提案が受けられるのもうれしい点と言えるでしょう。豊富な実績を持つ専門業者にお願いすれば、最も効率の良いシステムを導入できます。

広告募集中