ソーラーシェアリングとは

ソーラーシェアリングは、広い農地を利用してパネルを設置し、太陽光発電事業を行うことです。農業と発電を同時に行うことができるため注目を集めており「営農型発電設備」とも呼ばれているでしょう。

ソーラーシェアリングの導入依頼をする業者選びのコツ

屋根

ソーラーシェアリングで得られるメリット

ソーラーシェアリングは、発電した電気を電力会社に売電できるため、農家にとって安定した副収入となるのが大きなメリットです。1000平方メートルから1500平方メートル規模でソーラーシェアリングを行えば、1ヶ月に10万円ほどの利益となります。また、作物によってはソーラーシェアリングのパネルを置くことによって、より発育が良くなったり、味が良くなったりするなどのメリットがあると報告されています。

ソーラーパネル

導入前に注意すべきこと

ソーラーシェアリングの導入は、決して安い金額ではないため、1つの業者ではなく複数の業者から見積もりを出してもらうことが大事です。相見積もりを嫌がる業者は、避けたほうが無難でしょう。また、施工保証や自然災害補償、パネルの性能保証等、設置後にどのような保証がついているかも、しっかり確認する必要があります。比較検討して選ぶことが大事です。

ソーラーシェアリングを導入する?導入しない?2つの視点から比較

安定した収入が得られる

ソーラーシェアリングでの売電は、契約期間は買取価格が変わらないため、農業一本でやるよりも安定した収入が得られます。ただし、導入するには資金がかかり、回収するには15年程かかります。

農業がやりにくくなることもある

ソーラーシェアリングではパネルを設置するため、導入しないのと比べ農作業がやりにくくなることもあります。初年度からきちんと作物を育てるには、それなりのノウハウが必要となるでしょう。

導入を依頼する業者の探し方

ソーラーシェアリングを扱う業者はインターネットで検索することができますが、本当にノウハウを持った業者は少ないため、口コミなどを参考にするのが賢明です。導入コストの相場を調べ、相場より高い値段を提示する業者は避けたほうが良いでしょう。

ソーラーシェアリング導入の流れ

屋根

現地調査を行う

まずは業者が現地調査に訪れ、発電に十分な面積があるか、日照条件や現地環境は良いのなどを調べ、設備に適しているかを判断します。また、簡単なヒアリングも行われます。

申請手続きを行う

ソーラーシェアリングに適した土地だと判断されたら、各所に申請手続きを行います。農地の区分によって申請先も異なるため、都道府県知事、農林水産省。農業委員会など、自分に該当する場所に申請する必要があります。

設計と施工

申請が許可されたら、具体的な設計と見積書が出されます。その金額に納得が出来たら、実際にパネルの施工が始まります。作物の生育状態に影響を与えないように行われるのが一般的です。

発電事業の開始

施工が完了したら、発電がスタートします。発電した電力を電気会社に売電し、収入を得ることが可能になります。業者が、その後のメンテナンスなども請け負ってくれるのがほとんどです。

宮城で太陽光発電設置を対応してくれる専門業者!

広告募集中